お知らせ

2017/06/20 採用情報  

保育園の支え手になりませんか?認可保育所の運営事務(行政担当)を募集します!

おうち保育園を運営する「小規模保育事業部」は、2010年に江東区との協働事業によって誕生しました。

その時「小規模保育園が待機児童解消の大きなカギになる!」と気づき政策提言をおこないました。その結果、2015年より小規模認可保育所という事業に発展することができました。

私たちは保育スタッフと一緒に「理想の小規模保育とは何か?」を考え・試行錯誤しながら運営しています。

フローレンスのヴィジョンに共感し「新しい当たり前」を共に生みだし、挑戦し続ける仲間を募集します!


▼認可保育園の運営業務とは?

本職種は認可保育所の基準・補助金に係る要綱等を理解し、補助金申請や実績報告をするなど行政との調整・連携業務が主になります。

そのためには、おうち保育園(東京14園、仙台3園)、みんなのみらいをつくる保育園(東京1園)を知り園長との情報共有・コミュニケーションを行うことが重要になります。

まさにスムーズに園運営ができるよう自治体対応して頂く縁の下の力持ちのような存在です。

▼運営業務担当 俵谷さんに聞いてみました!

Q:この職種のおもしろさは?

A:代表が政策提言することで法律が変わり保育士の待遇・環境が改善していっています。そのため、業界の大きな動きを身近に感じながら実務をおこなえます!嬉しい改善ですが、頻繁に変わると実務担当としてはキャッチアップが苦しい部分もあります。。笑

Q:どのような経験が活かせると思いますか?

A:自治体に補助金申請をしているので数字に苦手意識がない人。社外との取引交渉経験がある方は活かせると思います。(もちろん、その経験に限りません)

Q:業務・チームの体制は?

A:現在は、私も含めて2人体制です。業務改善ができる事については2人で相談しながら積極的に実施しています。ルーティンをひたすら実施するより改善していく事が好きな方は向いていると思います。

>>応募と詳細はこちらから