お知らせ

2016/09/09 インタビュー  

「ひとりで頑張らず、みんなで園をつくる」共に喜び合い、相談し合う保育の実現を(保育スタッフ 角佳江先生)

2016年4月にオープンしたばかりの園で主任を務める角佳江先生に突撃インタビュー!

保育現場で働くことにブランクがあった角先生。最初は保育の感覚を取り戻すことができるのか不安だったそうです。「一緒に働くスタッフと接する中で生じた気持ちの変化」や「保育中のスタッフ同士の関わり方」について伺いました。

◆ 一度現場を離れたものの、自分の強みは「保育士の資格」だと原点に帰った

もともと保育園は1年しか働いたことがありませんでした。社会人1年目で入社した保育園は、労働時間が長く、終電で家に帰ることも多々ありました。そんな環境の中で働き続けることは難しいと感じ、保育現場を離れることにしたんです。

その後は、3年半程度アパレルで働きました。働いていくうちに、自分の中でやりがいのズレを感じ始めました。また、不安定な収入だったこともあり、将来を見据えて安定した仕事をしたいなと思うようになったんです。

「自分にできることってなんだろう」「自分にあるスキルはなんだろう」と振り返った時に、「保育士の資格がある」と原点に帰り、保育士として転職することに決めました。そして、長く続けられそうな保育園を探していたところ、おうち保育園を見つけ、応募に至りました。

◆ 一緒に働くスタッフとの関わりを通じ、仕事への不安は消えていった

保育の感覚を取り戻すことができるかどうか、はじめは不安ばかりでした。保育園を離れていた期間が丸4年あったためです。

入社したばかりの頃に、一緒に働いていたスタッフたちが、「なにか分からないことはない?」「覚えることが多いから、あまり無理しないでね」って私を気遣う言葉をたくさんかけてくれました。正直、こんなに優しく丁寧に仕事を教えてもらえたのは初めてだったんです。「こんなにいい職場はない。私も頑張らなきゃ」と思えました。

◆ スタッフたちの小さな「ありがとう」が保育への自信につながった

一緒に働くスタッフが小さなことでも「ありがとう」と言ってくれたことで「私、ちゃんと保育できているんだ」と思えるようになりました。自分を肯定してもらえたように感じたんです。

「人見知りでいつも泣いていた子が泣かなくなった」「絶対に手をつながない子が、私と手をつないでくれた」「なかなか寝付かない子が、私の寝かしつけで寝てくれた」そんな毎日の積み重ねも、保育に対する自信につながりました。

◆ 子どもの変化をみんなで受け止め、共に喜び合える保育を

今働いている園は2016年4月に開園したばかりの新しい園です。開園したばかりの頃、0歳の園児が初めての寝返りを経験しました。その時、その場にいたスタッフたちが目をキラキラさせながら、口々に「すごい!」と言って喜んだんです。自分のことのように喜ぶスタッフたちを見て、この園のスタッフたちはなんて素敵なんだろう」と思いました。

嬉しいことはみんなで喜んで、困ったことはみんなで話し合う。今後もそんな関係を築いていきたいと思っています。そのために、日々の保育の中で、「〇〇ちゃん、こんなことできるようになったんですね」「〇〇ちゃん、今日鼻水多いですね」など子どもたちの変化を声に出すようにしています。

◆ 何事もみんなで一つひとつ話し合って決めていく

開園したばかりの園のため、保育スタッフ同士も新しいチームです。私は主任を担当していることもあり、まずは自分から一緒に働くスタッフのことをたくさん知ろうと心がけています。

開園したばかりの頃は「自分がやらなければ」と思うことが多かったのですが、今はみんなで分担するようにしています。スタッフたちと話す中で、「おうち保育園は自分だけが頑張るんじゃなくて、みんなで作っていくんだな」と思えるようになりました。

今では、園の行事も、みんなで一つひとつミーティングをして決めています。前までは私1人で考えていたことも、今ではスタッフみんなで考えるようになりました。色々なアイディアを出せるため、日々より良い保育が実現できていると思います。

◆ 何事も一番に挑戦!園外での学びを園のスタッフに伝えていきたい

主任になったばかりなので、私自身がいろんなことを身につける必要があります。他のおうち保育園の保育スタッフの様子を学べる他園留学や区の研修などを通じて、この一年で成長していきたいです。

園の先駆けとして、何事も一番に参加する。それが私ができることなんじゃないかなと思っています。そこで学んできたことを園のスタッフみんなに話し、園に還元していきたいです。

********************************************************************

終始笑顔でお話される角先生。特に一緒に働くスタッフの話をされるときは、本当に嬉しそうな表情をされていました。角先生のお話から、スタッフみんなで園を作りあげていく様子が伝わってきました。

おうち保育園は年齢や経験関係なく、自由に意見を言い合える雰囲気があります。また、子どもたちの成長を共に喜べる関係性もおうち保育園の魅力です。現在、一緒に働くスタッフを募集しています。採用説明会も定期的に開催していますので、お気軽にご参加ください。

(文責:小規模保育事業部 菊川恵)

~~おうち保育園では園スタッフのリアルな話を聞ける採用説明会を実施中!~~

募集要項はこちら  採用説明会の詳細はこちら
また、LINE@で保育園情報の配信もしています。

【登録方法】
登録方法は簡単。こちらのバナーをクリックすれば登録画面に進み、友だち登録を完了するだけでOKです。

addfriends_ja