お知らせ

2016/06/03 保育塾  

【保育塾開催報告】コミュニケーションのプロになる!今年度も保育塾スタートしました。

こんにちは。小規模保育事業部の長岩です。 4月に行われた、今年度第1回目の保育塾の様子をご紹介します。

保育塾とは、フローレンスの保育スタッフなら誰もが参加できる研修

前年度に引き続き、フローレンスの保育スタッフなら誰もが参加できる、「保育塾」を開催しました。 テーマは回ごとに異なるため、自分が「知りたい!深めたい!」と思ったテーマの回に参加することができます。

▼今回の講師:病児保育事業部 研修チーム 平井久里子

今年度最初の保育塾のテーマは「コミュニケーションスキル」

保育のお仕事では、親御さんとの引き継ぎやスタッフ同士でのやりとりで、相手に「~してくださいね」と何かをお願いをしたい場面、自分の意見を伝えたい場面など、保育を行う上でコミュニケーションスキルが必要な機会はたくさんありますよね。 4月の保育塾では、そんな場面で使えるコミュニケーションのテクニックをワークやロールプレイを通して学びました。

▼質問のスキルを上げるための「ヒーローインタビュー」ワークの様子(下記写真)。 「ヒーロー(話し手)」が気持よく話せるよう、「インタビューアー」は質問を行っています。

今回学んだのは ●相手が話しやすくなる、傾聴・質問・承認のポイント ●相手を傷つけることなく自分の気持ちを表現するスキル など、 保育に限らず、普段の生活でも使えるテクニックです。

保育塾には、病児保育スタッフ、おうち保育園スタッフ、障害児保育スタッフなど様々な事業部のスタッフが参加しています。 普段病児保育スタッフは、毎回異なる保護者と一期一会のコミュニケーションを行っていますが、おうち保育園スタッフや障害児保育スタッフは同じ保護者と継続してコミュニケーションをとっています。 初めての会う方とのコミュニケーションを得意とする方、継続してコミュニケーションとることを得意とする方、異なる事業部のスタッフそれぞれが、「こんな視点もあるのか!」とお互いに学び合う機会になりました。

▼保護者役・保育者役に分かれてロールプレイを行っている様子(下記写真)。 意見や気持ちを押し付けるのではなく、「相手のことも受け入れて、自分の意見も伝えるコミュニケーション」をロールプレイを行いました。

4月といえば、新入園児さんを迎える時期であったり、新入社員が仲間に加わる時期であったりと、1年で1番コミュニケーションで悩みやすい時期かもしれません。 今回学んだテクニックを活かして、自信を持ってコミュニケーションをとっていってほしいと思います。

次回の保育塾もどうぞお楽しみに! ~~おうち保育園では園スタッフのリアルな話を聞ける採用説明会を実施中!~~ 募集要項はこちら  採用説明会の詳細はこちら また、LINE@で求人情報、説明会情報の配信もしています。 【登録方法】 登録方法は簡単。こちらのバナーをクリックすれば登録画面に進むことができるので、 友だち登録を完了するだけでOKです。

addfriends_ja

※お知らせ一覧へ