お知らせ

2015/11/11 保育園ニュース  

【男性保育スタッフ大集合】フローレンス初、男性保育スタッフ研修を開催!

おうち保育園事業部の山崎です。本日は、フローレンスで初めて行われた「男性保育スタッフ研修」についてお伝えします!当日は、おうち保育園、障害児保育園ヘレンの男性保育スタッフが全員集まりました。

◎男性保育士の重要な役割

フローレンスでは、男性保育士を積極的に採用しています。平成22年の国勢調査によれば、男性保育士の割合は3%。一方、フローレンスにおける割合は、なんと8%!大きく上回っています。

なぜ、私たちは男性保育士を仲間に迎えるのでしょうか? その答えは2つあります。

おうち保育園は「第二の家庭」を目指しています。いろんな家族の形があり、いろんな人がいるように、おうち保育園でもいろんなな人に囲まれながら成長してほしいという思いから、男性保育スタッフを積極的に採用しています。

②もうひとつは、男性保育スタッフならではの強みがあるからです。彼らが入ることで、園内のコミュニケーションの潤滑油となったり、男性の視点や力強さを活かした遊びが出来るなど、よりよい保育・園に大いに繋がります。

そう、おうち保育園には、男性スタッフも欠かせないんです。とは言え、園ではまだまだ少数派。色々な悩みを抱えているのではないだろうかということで開催されたのが、今回の男性保育士研修です!

◎男性保育士ならではの悩みって?

まずは、『男性保育士で困ったこと』をテーマにフリートーク。「前職の園には男性用のトイレがなかった」、「実習先が少ない(受け入れられにくい)」、「子どものおむつを替えてほしくないと言われた人がいるらしい」などなど、男性ならではの悩みが次々と出て来ます。

反対に、『男性保育士でよかったこと、楽しかったこと』はどうでしょうか。「抱っこなど、持ち上げる力があるので子ども達が集まってくる」、「女性保育士から同性同士では解決しにくいことを、相談しにきてくれる」、「保護者の父親と話しやすい」などなど男性ならではのトピックが出て来ます。「子どもが父性を感じることが出来たと、ひとり親家庭の保護者から感謝された」という声もありました。

それらの声を踏まえながら、女性が多い職場だからこその配慮すべき点などを学びながら、自らのありたい保育士像を新たに描きました。「子ども達と家族、保育スタッフ、フローレンスも、しっかりと支える縁の下の力持ちのような存在になりたい」、「男性ならでは、女性ならではの強みを発揮して最強の園を作りたい」などなど、頼もしい声が聞こえてきます!

研修を終えたあとは、事務局スタッフも交えて懇親会。代表理事の駒崎自ら乾杯の音頭をとります。この日はランチでしたが、後日夜に懇親会も開催し、熱い保育話に花が咲いたことを併せてお伝えします。

◎来たれ!男性保育士!

まだまだ、男性保育士は少数派であるため、困難はあるかもしれませんが、フローレンスでは、今後も今回のような研修をはじめとしたさまざまな取り組みを通じ、スタッフ全員が働きやすい環境を、丁寧に作っていきます。

これまでは、「保育って女性の仕事?」と思われがちでしたが、男性保育士の新たな風が吹き込むことで、互いの強みと弱みを補う、よりよい保育が実現するはずです。

おうち保育園では、男性保育スタッフを絶賛募集中です。

(文責:おうち保育園事業部 山崎)

ラグビー日本代表にあやかり(?)、スクラムを組んで士気を高めました。

~~おうち保育園では園スタッフのリアルな話を聞ける採用説明会を実施中!~~

募集要項はこちら  採用説明会の詳細はこちら また、LINE@で求人情報、説明会情報の配信もしています。 【登録方法】 登録方法は簡単。こちらのバナーをクリックすれば登録画面に進むことができるので、 友だち登録を完了するだけでOKです。

addfriends_ja